FC2ブログ

茶桶、茶通箱の話し。

73146164_1158183974389066_3627425654741401600_n.jpg
こちらは藪内流十代休々斎宗匠の直判、直書きの茶桶の一双になります。

茶桶は大小の一対であり、大津袋をかけて両種点てを利休が考案したものになります。
両種点てとは、新古あるいは初座と後座のお茶を聞き分けるという理由で二種類のお茶を点てるときの点前です。
茶桶を用いて亭主の用意した濃茶とお客の持ち寄った濃茶とを点てます。
この両種点てには藪内流の五代竹心も著書の「目さまし草」に記すところがあったようです。

茶桶(ちゃおけ)は「さつう」、「ちゃとう」とも読んで構わないようです。

m32777437557_4.jpg

上は茶桶と共に用いられる茶通箱になります。
由縁としましては、古くは葉茶壷はルソンなどの唐物で大変貴重なものゆえ多くの一般の人は持ち合わせていないものでした。
ですので壺を持たない人は持つ人に茶箱を通してお茶をもらっていたそうです。
ゆえに「茶通箱」と呼ばれるそうです。

藪内流の茶桶しかしらぬ私としてはこの茶桶が見慣れ落ち着きますね(笑)

74705066_1158184211055709_8464988276757889024_n.jpg
75446640_1158184064389057_5596735547994275840_n.jpg
75204602_1158184127722384_1572862211146121216_n.jpg
73095677_1158184037722393_4746608718064386048_n.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

eag-tea-maker

Author:eag-tea-maker
easy auction & gallery tea makerは『道具屋』ではありません。
最も重点を置いているのは美味しいお茶を飲むこと。
その為には多くのお茶をする人の手助けをさせていただいております。http://eag-tea-maker.net/index.html

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来客
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR